リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

バイザーや先生が教えてくれない感覚経路のまとめ

脳システムやメカニズムを教えてくれる

セラピストってすごく少ないΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

感覚を入れるとか、ファシリテーションとか単語だけをしゃべるのは

勉強している人からすれば、なんかかわいそうな感じがしますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

今回のポイント

・脊髄視床路について簡単にまとめた

・内側毛帯路とは違う感覚を伝達している

 

 

 

 

 

 

前回はある上行性の経路について書きましたΣ(・ω・ノ)ノ!

気になる方は前回の記事をどうぞ(*^▽^*)

m07v-sk160.hatenablog.com

 

今回は、実習や臨床の現場でよく使うである経路について解説・まとめていきましょう

 

 

 

「sekizui syouro」の画像検索結果

 

 

脊髄視床路ですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

これは、非識別性の触覚、痛覚、温冷覚についての経路ですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

前回の後索ー内側毛帯路は識別性の触覚でしたね、

 

経路が違うと脳に伝える情報が違うんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

では、シンプルにまとめていきましょう(*^▽^*)

 

 

1)脊髄の後角から入り脊髄内で反対側の前外側に交差します

 

2)脳幹などで交差せず視床VPL核に入力される

 

3)視床から内包、放線冠を通り一次体性感覚野(中心後溝)に終わる

 

 

臨床で考えられるのは

 

画像上は視床のVPL核が障害されているように見える。

 

評価では触覚は異常-でも痛覚は異常+の場合があります。

 

この場合は

後索ー内側毛帯路の障害は見られないが

脊髄視床路は異常がみられる。

 

この解釈ができると

どの繊維に対してリハビリを行うのか

定期的な評価はどの評価が最適なのか

回復しない場合、代償動作としてはどの繊維の機能を利用するのか

 

などの考えができます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

デール カーネギーの【道は開ける】を読んでみる

こんにちは(*^▽^*)

 

いきなりですが、僕の趣味は読書なんです( *´艸`)

 

なぜなら、自分の中の常識が更新されていく感覚がなんか心地よいからですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

社会人になって感じるのは

 

身体的には大人だけど精神的・人間的に子供な人が多いことですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

特に理学療法士など人と仕事をしていく職業って言わずもがな

すごくストレスがかかるんです(ToT)/~~~

 

特殊な上司や患者さん、バブル世代の変なノリ、飲み会の謎の絡み

 

などなど数えるとキリがありません(*^▽^*)

 

そして、なかなか増えない給料Σ(・ω・ノ)ノ!

 

勉強会にはだいたい1万円くらいかかる

 

など社会人のストレスは半端ないですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

うまく対処することができないと精神的に参ってしまうんです。

 

今回、読書しているのはデール カーネギーの道は開ける

 

という本を読んでいます。

道は開ける 文庫版

 

社会人の不安に対しての考え方がすごくいいので

 

今回から紹介していきますね( *´艸`)

 

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ 

今日一日の区切りで生きよう

 

みなさんは過去の失敗を引きずることってないですか?

未来の漠然とした不安ってないですか?

患者さんを転倒させてしまった( ;∀;)

全然昇給しないけど将来、大丈夫かな?

この嫌な上司が定年までいるのかぁ~(ToT)/~~~

 

など、過去と未来って不安だらけなことってあると思いますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

でも、ここで大切なのが

 

過去の失敗後悔しても、いいことは何一つない

 

ただし、失敗を分析して

今後の失敗を予防することは大切です(*^▽^*)

 

失敗したら大切なのが

落ち込む→×

なぜ失敗したのか分析する、再発防止策をとる→〇

 

です。

 

再発防止策をとったら、

あとはみんなで遊んで騒いで、酒でものんで忘れることですwww

 

失敗の本質は分析からの改善にあります。

失敗の事実だけをグチグチ説教するやつがいるのなら

 

あんまり、本を読まない自分が経験した常識のみで物事を考える人なので

あんまりまともに向き合わないことが大切ですねΣ(・ω・ノ)ノ!wwwwww

 

 

そして、未来Σ(・ω・ノ)ノ!

 

老後は大丈夫かな?

給料は上がるのかな?

 

など、予測できない未来は怖いですよね( ;∀;)

 

でも、未来を予測することは基本的にできないです(*^▽^*)

 

考えてみてください

 

iPhoneが発売されたとき

 

約10年前ですけれど

 

10年前に

歩きスマホが社会問題になる

Twitter、インスタグラム、Facebookが大流行する

ポケモンGOで人々が大移動してしまう

 

などなど、予測できる人ってほとんどいなかったと思います。

どんな有名が学者や社長でも

 

これから言えることは

 

未来を予測することはほぼ無理ってことです。

 

 

世の中の常識・道徳・倫理などは常に変化しているんですΣ(・ω・ノ)ノ!

そして、いまはインターネットがさらに発達しているので

変化のスピードがさらに速くなっています。

 

 

いままでの話を

振り返ると

 

過去は変えることができない

未来は変化を予測することはほぼ無理

 

なので、現在しか残らないんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

今日という日は二度とめぐってこないんです

 

人生はあっという間に過ぎていきます

 

なので、過去ではなく未来でもなく

 

現在・今に集中して生きていくことがすごく重要なんです。

 

自分が人生でやりたいこと、目標があったらそのために

今日を全力で生きましょう(*^▽^*)

 

今回学んだこと

人生に目標をもつこと

過去・未来はあまり考えずに今・現在を自分が掲げた目標に向かって

 

全力で生きること

今回参加の勉強会

今日は株式会社gene の勉強会に参加します!

『 脳を理解するための基本的な解剖学的知識と画像のみかた~東京会場

吉尾雅春先生のセミナーです!

 

今回学んだことをブログでも発信していきますねU^ェ^U

 

でも、電車の影響で遅刻しそうです(T ^ T)

  

感覚入れるってなんの練習?

感覚入れるって言ってる人いない?

 

 

今回のポイント

意識できる触・圧覚、深部感覚の

経路を簡単にまとめている。

 

評価も画像で後索ー内側毛帯路の障害を

見てから行うことが大切。

 

内側毛帯は延髄、橋、中脳で向きが変わっている

(縦→横→縦)

 

 

 

 

 

 

こんにちはΣ(・ω・ノ)ノ!

 

前回から、脳について解説しいていくことになりました~~

 

今回は上行性感覚路についてですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

「内側もうたいろ」の画像検索結果

図ではわかりにくいので

今回は

後索ー内側毛帯路ですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

これは、

識別性の触覚、圧覚、振動覚、固有感覚の情報を大脳皮質に連絡する経路です。

 

たぶん、先輩が感覚入れるって言っているのはこれだと思います(*^▽^*)wwwwww

 

言葉で説明しますね

 

1)後索  (薄束、楔状束で構成されています)

(薄束→T6以下の繊維 楔状束→T6以上の繊維)

 

2)延髄まで上行し対側へクロスします

 

3)延髄を上行する

 この時、内側毛帯は縦型のまま

 

4)橋を上行する

 この時、内側毛帯は横型になる

 

5)中脳を上行する

 この時、内側毛帯は再また縦型に戻る

 

6)視床のVPLに行きつく

 

7)視床から内包、放線冠を通り一次体性感覚野(中心後回)につく

 

この1)~7)までの流れが意識できる触・圧覚などが通る経路ですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

評価でよくやっている関節位置覚、触・圧覚の評価を行うときは

 

この経路を考えていることが非常に重要ですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

評価はなんとなく脳梗塞だからやるのではなく

 

この患者さんは視床のVPL核、一次体性感覚野の障害が画像上見られるため

今回、評価として深部感覚の評価を行います。

 

って意見を連絡してくれると

 

すごく考えているんだなってなります。

 

 

 

勉強していないセラピストは話についていけなくなることもあるので

気を付けてくださいねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

 

脳がわからないなんて言わせないよΣ(・ω・ノ)ノ!

脳って正直あんまりわからない

 

昨日、後輩がこんなこと言ってましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

確かに、その気持ちってすごくわかるんですよね( ;∀;)

 

みんながかんじてることは

 

学校で勉強したことがほとんどやくに立たないよΣ(・ω・ノ)ノ!

 

たしかに、その通りだと思います(*^▽^*)

 

なので、今回から脳血管疾患について書いていきますね

 

今回は

 

上行性感覚路について書きます(*^▽^*)

 

先輩が感覚を入れるとかなんかうさんくさいことを言っていることってありますよねw

 

なんか、すごく心配になります( ;∀;)

 

具体性が全くないじゃないですかΣ(・ω・ノ)ノ!

 

どの受容器を利用して、

どの経路を利用して

脳のどの機能を利用して

脳のどのシステムの部分にリハビリとして介入する

 

これくらい、説明するときは具体的にしないと

 

セラピストが患者さんに対して障害を作ってしまうことがよくあります。

 

たとえば、

 

歩行獲得を目標にしているのに安易に車いす自走の訓練をやっている人がいます。

 

脳の半球間抑制を考えると

 

わざわざ、障害がある側の脳の活動を抑制することを時間をかけて行うの?

 

など、先輩がやっていることがメカニズムを考えるとよく疑問に思うことがよくあるので

 

次回から解説していきますねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

筋膜ラインもいよいよ最後だね( *´艸`)

筋膜は生理学とセットで覚えよう(*^▽^*)

 

こんにちはΣ(・ω・ノ)ノ!

 

この前まで、伊豆に旅行にいっていました(*^▽^*)

 

たまに、いったことのない土地に行ってみるのはすごくいいことですよね(*^▽^*)

 

そんなのんびしていたら

 

例のあのお方に

 

早く記事を更新してくださいと怒られてしまったので

 

今回も早速更新していきますねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

今回は筋膜シリーズの最後

 

ディープ・フロント・ライン(DFL)で

すΣ(・ω・ノ)ノ!

 

図だとこんな感じです、どうぞ

筋膜 DFL に対する画像結果

 

 

今回も連結している筋肉を確認していきましょうΣ(・ω・ノ)ノ!

 

このラインはすごく幅広いので

頑張って書いていきます

 

上前部

下骨筋、気管前筋膜

胸内筋膜、胸横筋、横隔膜

 

上中部

横隔膜、心膜、縦隔、壁側胸膜、椎前筋膜、斜角筋

 

上後部

前縦靭帯、頸長筋、頭長筋

 

下前部

長・短内転筋、大腰筋、腸骨筋、恥骨筋

 

下後部

大内転筋、骨盤骨筋膜、肛門挙筋、内閉鎖筋筋膜

 

最下部

後脛骨筋、長指屈筋、膝窩筋膜、膝関節包

 

長すぎない?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

しかも、心膜や横隔膜って

 

筋肉と心臓や横隔膜って連結しているんってことが

 

書いていますよねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

これをもとに考えると

 

ネットでよく見る、内臓治療の原理がなんかわかってきますねΣ(・ω・ノ)ノ

 

 

大腰筋に筋硬結が出現していて、原因が心臓や横隔膜にある?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

なんてことも十分にあり得ることが予想されますねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

次回はよく最近、後輩に聞かれるのは

 

筋膜の連結はなんか覚えてきたけど

治療に生かすにはどうすればいいんですか?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

たしかにその通りですwwwwww

 

治療につなげるには

ずばり、生理学を理解していることがポイントですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

生理学の知識を筋の触診などの技術に生かすことは全くの別の知識ですので

 

次回の記事で解説していきますね

 

正直、治療内容、治療のメカニズムを説明できない人って

臨床で結果が出せない傾向があるので

 

質問して生理学的な解説がない先輩は要注意ですよwwwwwwwwwwww

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました(*^▽^*)

 

 

シンプル解説 筋膜解説 5本目

患部外治療ってなんかかっこいいよね

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

こんにちは(*^▽^*)

 

なんか、台風のせいで外に出れなくなってしまったので

早速、筋膜の解説を書いていきたいと思いますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

皆さんの職場でも、膝が痛いのに肩甲骨とか

肩が痛いのに手や前腕に介入してる人いませんか?

 

新人の頃は

こいつは何なんだΣ(・ω・ノ)ノ!

 

とか思っていました。

 

興味とあこがれもあってそのステージにたどり着くからな(≧◇≦)

 

とか思っていました

 

そんで、今年で理学療法士4年目ですけど

 

なんとか、自分の治療に患部外の介入を取り入れることができました。

 

患部外を治療するためには

ドライバーとリアクターの知識、

筋膜連鎖の知識

運動連鎖の知識

生理学の知識

 

などなど、学校で教えてくれない知識が必要になるので

 

その知識については、機会があればブログでも書いていきたいとおもいます

 

前回も筋膜の解説をしていました。

m07v-sk160.hatenablog.com

 

気になった方は上のリンクをポチっとしてくださいΣ(・ω・ノ)ノ!

 

今回は

ファンクショナル・ラインですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

「ファンクショナ...」の画像検索結果

 

なんか、3つくらありますよね~~

左から

BFL バック ファンクショナル ライン

FFL フロント ファンクショナル ライン

IFL 同側 ファンクショナル ライン

となっています(*^▽^*)

 

これらは、立位保持など姿勢保持には関与しません

 

だからファンクショナル(機能的)と名前がついているんですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

日常生活やスポーツの場面で使用されることが多いのが特徴です。

 

 

 

なので、患側のみの治療で痛みがとれない時に反対側に原因があるって考えるのは

 

なんか当然なかんじですよね

 

構成する筋肉は

BFL

広背筋 

仙骨筋膜

外側広筋

膝蓋骨下腱

 

FFL

大胸筋

腹直筋

長内転筋

 

IFL

広背筋

外腹斜筋

縫工筋

 

となります(*^▽^*)

 

このラインを復習して感じることは

 

やっぱり、左右の筋って連動しているんだ

 

につきます(*^▽^*)

 

痛みがある部位の左右反対の部位に実は

 

すごい筋硬結があることも結構ありますので

 

患者さんを評価するときに

 

ぜひ確認してみてくださいΣ(・ω・ノ)ノ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^▽^*)