リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

みんなは知らない痺れ 理学療法士でも対応できる

こんにちは( ^ω^ )

総合病院勤務の理学療法士のすなです( ^ω^ )

 

今回からは頸部由来の痺れについて書いていきます( ^ω^ )

 

 

 

痺れって聞くと

理学療法士でなんとかなるの?

医者がなんとかするんじゃないの?

手術でしょ!

 

 

 

と思うかもしれませんが

 

神経の絞扼性障害を考えるとそんなことはないんですよ( ^ω^ )

 

 

 

だってみんな正座してるとき足痺れるでしょ?

 

 

これも、絞扼性障害ですよ!

 

 

 

 

 

頸部の痺れの解剖学

 

主に3つの絞扼部位があります。

斜角筋、肋鎖間隙、小胸筋下間隙の3つがあります。

 

イメージ.png

 

 

 

イラストで見るとしっかりと挟まれてますね!

 

 

 

斜角筋の影響で、、、

 

 

斜角筋の過緊張により斜角筋の隙間が狭くなると腕神経叢に圧迫ストレスがかかるから

 

神経の圧迫上肢の神経症

 

となります(;ω;)

 

 

 

 

なで肩の人も、、、

 

なで肩の人はアライメント不良に伴い

 

第一肋骨が下制します!

 

それに伴い、前、中、後斜角筋に牽引ストレスがかかり

 

隙間は更に狭くなってしまいます!

 

 

なので、アライメント不良も注意ですね( ^ω^ )

 

 

 

 

理学療法士の対応としては

 

斜角筋の過緊張を緩和する

なで肩などのアライメント不良を修正

 

 

することで、

イメージ.png

 

 

この隙間を広げるような治療をしましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございまーす( ^ω^ )

あの神経が肩関節外転の痛みを

こんにちは( ^ω^ )

総合病院勤務の理学療法士のすなです( ^ω^ )

 

 

 

前回から肩関節の痛みについて

解説しています!

 

 

前回は

肩関節屈曲、外転運動のときに注目するある筋肉について書きました!

 

興味がある方は過去の記事を見て見てくださいね( ^ω^ )

 

 

 

 

 

今回はある神経についてシンプルに解説していきたいと思います!

 

それは、QLSです。

 

QLSってなんのこと?(;ω;)

学校じゃやりませんよね(笑)

 

図で確認するとこんな感じです!

 

 

url.jpg

 

 

小円筋、上腕三頭筋、大円筋の隙間のことです!

 

 

 

この隙間に

 

この隙間を腋窩神経と後上腕回旋動脈があるんです!

 

この、神経と血管を締め付けることによって痛みが生じるんです!

 

 

この、絞扼性障害のことを

 

QLSSと呼びます!

 

この痛みの特徴として

 

腋窩神経の先は三角筋を覆う皮膚に分布しています!

 

 

確かにそうですね(笑)

 

 

 

 

なので、三角筋にホットパックをあてても

電気を流しても痛みが改善しないのは

 

実は三角筋が、痛みを誘発しているのではなくて

 

 

腋窩神経の絞扼性障害によって三角筋を覆う皮膚に痛みが生じていたので

 

 

 

痛い場所を治療しても痛みが改善しないのです!

 

 

痛い場所に原因があることばかりではないので患部以外を観ることも大切ですね( ^ω^ )

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございまーす( ^ω^ )

肩関節はカフエクササイズだけじゃない

こんにちは( ^ω^ )

総合病院勤務の理学療法士のすなです!

 

 

前回から肩関節の痛みについて書いています!

 

前回は肩峰下滑液包について書きましたね(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

 

 

肩甲下筋をさらっと復習

 

肩甲下筋についてです( ^ω^ )

肩甲下筋についてはこちらの図で確認しましょう!

 

 

 

イメージ.png

 

図のように

肩関節を内旋する作用があります。

 

 

この筋肉は肩関節屈曲、外転運動のときは

拮抗筋となります。

 

 

 

そのため、肩甲下筋の短縮は肩関節屈曲、外転の制限となることがあります。

 

 

 

 

肩甲下筋の短縮を疑う場合

 

1)肩甲胸郭関節の可動性が低下してる人

 

簡単に確認する方法は

肩甲骨の内側、下角から指を入れることができるかなどがポイントになります!

 

 

2)肩甲骨が外転している人、円背の人

 

 

これらが疑わしい患者さんのポイントです( ^ω^ )

 

 

 

 

とりあえず、カフエクササイズじゃなくて

 

肩関節屈曲、外転運動の拮抗筋である

肩甲下筋、広背筋、大円筋などにも目を向けてくださいな(笑)

 

これらの筋肉をあなたが持ってる手技で緩めてあげて下さいね( ^ω^ )

 

 

 

 

 

最後読んでいただきありがとうございまーす( ^ω^ )

肩関節の痛みは筋力以外を見て(๑╹ω╹๑ )


こんにちは

総合病院勤務の理学療法士のすなです( ^ω^ )

 

 

 

前回は肩関節について書きました。

前回のポイントはある神経が肩関節の痛みに関係していることを書きましたね!

 

 

 

 

前回の記事はこちらからどうぞ( ^ω^ )

 

m07v-sk160.hatenablog.com

 

 

 

さてさて、

 

 

 

今回は肩関節峰下滑液包です( ^ω^ )

 

肩関節峰下滑液包とは?

 

 

図で見るとこんな感じですね!