リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

尻もちは背骨で改善できます(๑╹ω╹๑ )

こんにちは(ω╹๑ )

 

 

総合病院勤務の理学療法士Sunaです(ω╹๑ )

 

 

 

 

 

 

リハビリの実習で学生が症例として担当するのは

脊椎圧迫骨折の患者さんですよね(๑╹ω╹๑ )

 

 

立ち上がりは筋トレじゃ治らない!! - YouTube

 

 

 

なんで、圧迫骨折を受傷したのか

 

 

 

 

 

患者さんは言いますよね

 

 

 

 

 

座るときに

勢いよく尻もちをついたんですよ(T . T)

 

 

 

 

 

 

理学療法ではただ

機能的な筋力トレーニングばかりではなく

 

 

 

 

 

 

今後、再び尻もちによる

脊椎圧迫骨折を防ぐことが目標にもなりますよね

 

 

 

 

 

そのためには

 

 

 

膝周り、股関節周りの筋力強化

を皆さんは行いますよね(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

 

 

でもそれだけじゃ

足りないんです

 

 

 

 

患部や下肢以外に介入しないといけないのです

 

 

 

 

 

しかも

方法はすごく単純で簡単なことなんです

 

 

 

 

キーワードは関節に働く回転力(モーメント)を

リハビリで操作することなんです

 

 

 

ここから先は動画で確認しましょう(๑╹ω╹๑ )

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました(ω╹๑ )

 

 

 

最近はyoutubeで動画で解説も初めてので

そっちの方もよろしくお願いします(ω╹๑ )