リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

バランス機能の評価はまずこれでしょ(๑╹ω╹๑ )

こんにちは( ^ω^ )

 

 

総合病院病院勤務の理学療法士のすなです!

 

 

 

 

 

台風が関東から過ぎ去って

暑さが復活してきました( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

夜もエアコンをかけないと眠れないですね(笑)

 

 

 

 

 

 

最近はバランス機能について書いています!

前回は評価内容について書きました(╹◡╹)

 

 

 

 

 

内容はこちらからどうぞ!

 

 

 

m07v-sk160.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

今回はTimed Up & Go Test(TUG)について書きましょう(╹◡╹)

 

 

イメージ.png

 

 

この評価の特徴は

 

 

 

 

 

 

検査者の信頼性や再テストの信頼性が高く、

FTRと同様に転倒リスクの指標として

用いられることがおおいです( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

認知課題を付加して行う方法もあるんですよ!

 

 

 

 

 

 

カットオフ値は13.5なので

このタイムを下回ると転倒の危険性が高い

ことになるので気をつけましょう( ^ω^ )

 

 

 

 

 

ちなみに、、

入院患者さんの屋外歩行自立の基準は

12である報告もあります!

 

 

 

 

臨床では、、、

 

 

 

 

このような客観的な検査

(結果が数字で出る検査)

 

 

 

 

 

を上手く利用して患者さんの転倒予防に

努めましょう!

 

 

m07v-sk160.hatenablog.com

 

 

最期まで読んでくれてありがとうございます(๑╹ω╹๑ )