リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

前皮質脊髄路ってなんなんだΣ(・ω・ノ)ノ!

こんにちは(*^▽^*)

 

皮質脊髄路って実は何個か種類があるんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

前回は皮質脊髄路についてまとめました(*^▽^*)

 

前回は触れなかったんですけど

 

実は皮質脊髄路は何個か種類があるんです

 

1)外側皮質脊髄路

2)前皮質脊髄路

3)皮質延髄路

 

前回は1)についてまとめていたんです

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

今回は前皮質脊髄路について

まとまていきましょう!(^^)!

 

主な機能は

反対側(右側)の随意運動の時に同側(左側)の姿勢制御に

関与しているんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

更にシンプルにすると

遠位筋の随意運動を補う姿勢制御です(*^▽^*)

 

確かにボールを投げる時に

人の体幹は勝手に筋肉が収縮して安定していますよね( *´艸`)

 

経路は

1)一次運動野
2)放線冠
3)内包後脚
4)大脳脚
5)橋
6)延髄
7)反対側の軸索を下降し各筋肉に入力

  (交差せず両側性に投射)

 

あんまり外側皮質脊髄路とかわらないんですが

 

大切なのは

・延髄で交差せずに同側に下降すること

・そして、筋への運動の指令は同側に向かう

    ことですΣ(・ω・ノ)ノ!

・支配はL2までとなる

 

 

両側から指令が来ているということは……

 

体幹筋や近位の筋肉は右の前皮質脊髄路が障害されていても

左の前皮脊髄路からの指令があるので

 

体幹・近位筋の機能は完全には失われないんじゃないの?

という疑問が出ますねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ですので、画像では皮質脊髄路が完全に遮断されている場合でも体幹筋・近位筋の評価の必要性は高そうですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

今回のまとめ

・前皮質脊髄路は延髄で交差せず

    同側を下降する

・支配は両側性に運動指令が支配する筋に入る

・支配は体幹筋・近位筋(L1まで)

・末梢の運動中に体幹筋・近位筋を働かせ、

     体を安定させる役割がある

 

www.youtube.com

 

こんなのも作っているので

興味があったらよろしくお願いしますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたΣ(・ω・ノ)ノ!