リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

歩行能力の予後予測

こんにちは

今回も前回の続きから書きますね~~

 

退院後、数年経過時にみられる機能低下

 

ある日、数年前に退院した患者さんと再会すると歩行機能が低下していることってよくありますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ある研究では、脳卒中患者について

 

1)退院後の歩行能力の追跡調査

退院時の歩行能力が屋外歩行群では3年後まで歩行レベルを維持可能

 

屋内杖歩行群では歩行レベルは低下する

 

2)退院後5年間の追跡調査で

 ADL自立群

    →ADL能力を63.4%維持できた

 ADL介助群

     →12.8%しかADL能力を

         維持できなかった(+o+)

 

3)歩行について

 屋外歩行自立

    →退院後も再発作がない限り                            

         能力維持できいる

 屋内歩行・ベッド上自立

   →再発作以外の様々な原因で

      自立度が低下する

 

 

1)~3)を考慮して考えると

実用的な屋外歩行の獲得が長期的に機能・能力維持ができるボーダーラインと考えられますね(*^▽^*)

 

退院時に屋外歩行獲得できなかった

患者さんには

 

・機能が低下していく可能性が高いので

   デイケアや訪問リハビリなど

継続したリハビリを利用する提案を行う

 

・あらかじめ座面の高い椅子の提案

 

・和式から様式の生活様式への変更

 

・寝室を2F→1Fへ変更

 

などの提案・対応なども検討しながらリハビリを進める必要性が高いのかもしれないですね(*^▽^*)

 

最後までよんでくれて

ありがとうございました(*^▽^*)