リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

大腿骨頸部骨折で実習前にはこれを確認すれば大丈夫!

 

今回も実習理学療法ジャーナルを利用して実習対策をやっていきます\(^o^)/

 

前回は実習前に事前に復習しておくことを書きました。

 

今回は評価前に準備することについて書いていきます

 

1)現病歴
・転倒原因はなんなのか
・いつ、どこで何をしている時に起こったのか
・受傷時の環境はどうだったのか
心理的要因はなかったのか

 

などをできる限り情報収集します。
その後、入院中・退院後の転倒予防の対策への参考にします(*^o^*)

 

例えば
受傷時→階段降段時に転倒した
退院にあたって→階段に手すりを設置するなどの対策をとる

 

すごく簡単な例ですが、こんな感じにイメージしてくださいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

2)社会的情報
・住環境
・ 同居家族の有無、家族構成
・受傷場所の確認
・動線の確認

 

転倒歴のある患者様への住環境改善は、

転倒防止に有効であるという高いエビデンスがあります((((;゚Д゚)))))))

 

転倒が受傷原因の場合は特に確認する必要があるかもしれませんね(*^o^*)

 

3)生活歴・職業歴・嗜好歴
リハビリは

❌→再び歩けるように
⭕️→再び患者様の望む生活が送れるように

 

このことを意識して情報収集できればいいと思います。


日常会話の中で少しずつ聞いていくとお互いの負担にならないですよ*(^o^)/*

 

今回は理学療法ジャーナル2015年7月号を参考にしました\(^o^)/


次回は他部署からの情報収集編をやりますね〜